So-net無料ブログ作成
検索選択

【『4回目のバルーンカテーテル手術』 その結果】 [慢性血栓塞栓性肺高血圧症]

前回の記事【『3回目のバルーンカテーテル手術』その結果】では、3回目の手術を終え順調な経過であることをお伝えしました。


手術当日の祈り
前回の手術から1週間後、<4回目のバルーンカテーテル手術>の日がきた。
手術には慣れてきたし、始まってしまえば開き直ってしまうんだけど…
手術直前の数時間にはどうしても慣れない。

テレビを観ても、本を読んでも何も頭に入ってこない。
手術のことは考えないようにどんなに頑張ってみても、気がつけば
祈り001.jpg
「手術が上手くいきますように。」
「肺水腫になりませんように。」
「沢山の血管が開通しますように。」
「症状が今より改善しますように。」
「酸素が外れますように。」
と欲張って沢山の願い事をしている無宗教な私f^_^;)

神様も『どんだけぇ~』ってビックリしているに違いない。
どんだけぇ!001.jpg

手術が午後からの時は特に、この嫌な時間が長くて長くて溜め息ばかり。


忍び寄る足音…
そんな私のベッドに近づく『聞きなれた足音』が・・・

  Bingo!!

足音の主は、やっぱり主人だった。
なんと素晴らしい聴力!
耳001.jpg
長い入院で研ぎ澄まされたようだ。

それからもう一人、ひょいと顔を覗かせたのが、お義父さんだった。
お義母さんがウチに泊りに来てくれている分、お義父さんには随分と不便をかけてしまっている。
なのに優しく接してくれて励ましてくれて、本当に有難い。


第4回目の手術
主人とお義父さんに見送られ手術室へと入っていく。

前回の手術では<足から>のカテーテルが入らず、急遽<首から>入れることになった。
なので今回は初めから<首から>入れることになっていた。

手術の前半は余裕があったが、後半になるにつれ痛みが…
「やっぱり足からの方が痛みが少なくて良かったなあ」
って、太ってしまったことを後悔した。

そして、医師から
「クリオネさん、そろそろ終わりますね」と声をかけられ
「はい」と返事を返したが、思った以上に痰が絡んでしまい声が出しづらい。
咳も今までの手術で一番出るけど、良い兆候なのか、そうでないのか?
そして、痰が出るたび<肺水腫>の文字が脳裏をかすめた。


術後の安静
肺水腫になることもなく、予定通り3時間で手術は終了した。
そして今回もICUではなく病室に戻され、3時間の安静となった。

病室に戻るとすぐに主人とお義父さんがきてくれた。
何事もなく無事に再会できたことが本当に嬉しかった。


胸が…
主人たちが帰ってしまいベッドでボーっと過ごしていると突然、心臓のあたりに<ドキッ>と波打つ感じが。
生まれて初めての体験にビックリした Σ(゚д゚lll)
「これが動悸ってやつか」

暫くすると、今度は<ドクンドクン> さっきより大きくて気持ち悪い。
こんなのが続いたら堪らない。

看護師さんが定期的に回診に来てくれるたびに<動悸>の症状を訴えると、
入院初日から胸に付けている<心電計>で心電図をとっているので注意してみてくれるとのことだった。

その後も何度か<動悸>があり、看護師さんが来るたびに伝えていたのだが…
「クリオネさん、動悸続いてますか?心電図の波形には出てないんですよねえ…」

えっ!(◎_◎;) そんなあ〜

で、胸の<心電計>を別の機械に交換して計測し直すことに。
少しして今度は研修医の先生が「クリオネさん動悸まだしてます?」と。
またもや波形が出てないという。

それで今度は画面付きの<大型心電計>が運び込まれた。
動悸のほかに首の脈の強弱が激しい。こんなに自覚症状があるのに・・・

少し不安になっていると当直の医師登場!
大型心電計を導入したにもかかわらず、なぜか<動悸>の波形が出ていないという。
診察の後「緊急性はないので明日、心電図の検査をしましょう」ということになった。


神が・・・
翌朝、心電図検査を前に私は祈った。
「どうか検査の最中に動悸が起きて、今度こそ波形に出ますように」と。
祈り001.jpg
でも、そんなにうまい具合にピンポイントに動悸がするわけないか…

ところが、
何の神様か分からないけど神、降臨!

神様001.jpg

検査が始まって直ぐに<ドキッドキッ>と胸が振動した。なんという奇跡!

病室に戻りしばらくすると研修医の先生が検査結果をもってきて
「クリオネさん、波形に出てました!!検査のタイミングで動悸がしたんですか?すごいですね。」と驚いていた。

そのあと、手術してくれた医師からも
「動悸は血管が開いて血流が良くなったためで悪いものではない」ことと
「心配ないと思うが、続くようなら別の病気の可能性もあるので、よく観察していきます」と説明を受けた。


術後2日目の経過
この頃から、心配していた動悸もしなくなっていた。
超音波検査の医師からも「心臓、とても良くなってますね」と言われとても嬉しかったし、安心した


手術の結果
重症で初めて入院したときの肺動脈平均圧は<49mmHg>。
それが今回の手術で<21mmHg>まで下がった。

だが、ここで一つ疑問が浮かんだ。
肺高血圧症の基準値である<25mmHg>を下回ったら、肺高血圧症ではなくなって難病認定を外されてしまうんじゃない?って。
高額な治療は続くのに…と急に心配になった。

それですぐに医師に聞いてみた。
すると、数値が良くなっても病名は変わらないので難病認定が外れることはないとのこと。

あー良かった(*^^*) 心の底からホッとした。

そして私のバルーンカテーテル手術は予定通り今回で終了となった\(^o^)/

     万歳!001.jpg 

  ⇒ 続きを見る 【バルーンカテーテル手術からの卒業と退院】

         
ポチッと    
ポチッと  にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
 ♪ 良かったらポチッとお願いします ♪ 

   慢性血栓塞栓性肺高血圧症 関連の記事一覧  

 ⇒ 【私が難病『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』と診断された時のお話】
 ⇒ 【私が難病と診断されてから検査入院するまでの経過】
 ⇒ 【進行していた肺高血圧症 心不全で死ぬかと思った】
 ⇒ 【『疑い』が『確定』に変わった 私の闘病の相手『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』】
 ⇒ 【入院して一番『痛かった』こと。】
 ⇒ 【私の相棒、携帯用酸素ボンベ】
 ⇒ 【バルーンカテーテル手術を控えての一時退院 心不全は少し回復】
 ⇒ 【入院、いざ!バルーンカテーテル手術!】
 ⇒ 【初めての「バルーンカテーテル手術」はこんな感じで行われました】
 ⇒ 【2回の手術で平均肺動脈圧はこれだけ下がりました ~肺高血圧症の手術の効果】
 ⇒ 【「心不全の数値」と「退院」】
 ⇒ 【術後の定期検診と在宅酸素療法の自己負担額】
 ⇒ 【肺高血圧症患者の『酸素』との暮らし ~ 私はこんな感じです ~】
 ⇒ 【今日は『在宅酸素供給器』の点検日でした】
 ⇒ 【『バルーンカテーテル手術の1ヶ月後』心不全値が更に改善】
 ⇒ 【『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』になってからの夏の思い出】
 ⇒ 【『バルーンカテーテル手術の2ヶ月後』心不全値、記録更新!】
 ⇒ 【病気に関する啓発活動の大切さに気付いた私の思い】
 ⇒ 【血液サラサラ!『ワーファリン』 でも実は注意が必要な薬でもある】
 ⇒ 【『肺血流シンチ検査』を受けて来た!!】
 ⇒ 【闘病する親子に笑顔が届くといいな… 『肺高血圧症』の少女が24時間テレビに】
 ⇒ 【『肺高血圧症』な私の最近の病状】
 ⇒ 【『入院の準備万端の私にかかってきた1本の電話』 いよいよ3・4回目の手術!?】
 ⇒ 【B先生、ありがとうございました!!】
 ⇒ 【アギーレJAPAN始動! 私のサポーター宣言! 『難病サポーター細貝選手』】
 ⇒ 【入院とサプライズ ~3回目のバルーンカテーテル手術】
 ⇒ 【Oh my God!】
 ⇒ 【『3回目のバルーンカテーテル手術』その結果】
 ⇒ 【『4回目のバルーンカテーテル手術』その結果】
 ⇒ 【バルーンカテーテル手術からの卒業と退院】
 ⇒ 【難病の私を支えてくれる応援団・・・主人の場合】
 ⇒ 【難病の私を支えてくれる応援団・・・子供たちの場合】
 ⇒ 【難病の私を支えてくれた皆様へ】


nice!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 5

クマぴー

こんにちは^_^初めてコメントさせていただきます。

実は私も全く同じ病気を患っています。私は明日が初めてのカテーテル手術なんです。とても不安でいろいろネットで調べいたらクリオネさんのブログにたどり着きました。いろいろ読ませて頂いてて私の環境によく似ていて年も同じぐらいなのかなぁ?って思い思わずコメントさせてもらいました。
私は中学三年生と高校三年生のダブル受験の子供がいます。これから何回かにわたっての入退院を繰り返す事で大切な時期にと思ってしまい又手術の合併症など悪い方に悪い方にと考えてしまいます。
夏にカテーテル検査を行った時はなかなかスムーズに検査が行えず嫌な思いし、明日の首からのカテーテル手術がとても怖いです[冷や汗2]
しかしクリオネさんの前向きなブログを読んでいるうちに同じ病気で闘っている人がいるんだと思ったら少し勇気が出てきました。[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]私はまだ始まったばかりだけどゴールに向けて頑張ります。私も特定疾患の申請はしたもののまだ通知が来ず高い肺高血圧症の薬を自費で払っています。ホント薬代が痛いです[冷や汗2]長々とスミマセンm(_ _)m
とりあえず明日頑張ります[わーい(嬉しい顔)]?

by クマぴー (2014-10-06 21:49) 

クリオネ

クマぴーさん
初めての手術、頑張って下さいね。
私も初めての時はとても不安だったのでお気持ちよーく分かります。
でも出産に比べたら全然楽でした(^^)

手術すれば必ず改善していきますから先生方を信じて、そして同じ病気の者同士励まし合って、治療を頑張っていきましょうね。(*^^*)

私も上の子の高校受験の頃から体調が悪かったのですが、お子さん2人とも受験生となると「入院なんかしてる場合じゃない」って思う時もあると思います。でも、ご自分の体を第一に考えて無理はなさらないで下さいね。
医師と相談して入院の時期と受験に大事な時期をずらしてもらうとか、手術を1回ずつにして、一度の入院期間を短くすることも可能なのでは?と思います。

それから高額な医療費も難病申請が通れば、役所に申請書を提出した日に遡って返金されます。なので後日返金してもらう手続きを忘れないで下さいね。

最初は大変な事だらけって思いますが慣れて来ますから大丈夫。
私も陰ながら応援しています(*^^*)
by クリオネ (2014-10-07 00:40) 

クマぴー

早々のお返事有難う御座います。[わーい(嬉しい顔)]?
無事一回目のカテーテル手術が終わり一泊のCCUから一般病棟へ戻ってきました。今回の手術で4本ぐらい通していただき肺の圧が70近くあったところ今は60ぐらいまで下がったようです。まだまだ10ぐらいの下りではよくなった感じはわからないのですが何回かの手術でよくなることを信じて頑張ろうと思っています。
これからもクリオネさんのブログを拝見させて頂き元気をいただこうとおもっています。[ウィンク]またコメントにお邪魔させて頂いてもいいですか?[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
よろしくお願いします。m(_ _)m
by クマぴー (2014-10-08 13:31) 

クマぴー

ご主人様の動画観せて頂きました。とても素敵な動画、ご主人様ですね。[わーい(嬉しい顔)]?思わず私も涙してしまいました。
やっぱり家族って良いですね[わーい(嬉しい顔)]
by クマぴー (2014-10-08 16:17) 

クリオネ

クマぴーさんへ
手術、無事に終わってホントにホントに良かったですね〓ご家族の方もホッとされたことでしょう[わーい(嬉しい顔)]

術後は劇的に良くなるというよりは、少し経ってから「なんだか最近、呼吸が楽になってきたかも」って感じで実感されるかと…楽しみですね[ウィンク]

回を重ねるごとに気持ちにも余裕が出てくると思いますが、長く付き合っていく病気なので、思い詰めず、かと言って病気と闘おうというのでもなく、気楽に構えているといいかもしれないです[ウッシッシ]ストレスが血管を細くするらしいですから…

主人のブログも見て頂けたなんて嬉しい限りです[わーい(嬉しい顔)]
私の超お気楽ブログで良かったら、是非是非またコメント頂けたら嬉しいですし、励みになります〓
主人のブログ共々、こちらこそヨロシクお願いします[m(_ _)m]
by クリオネ (2014-10-09 19:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...